アルゴクラブ

教務システム

考え抜く喜びを体感させ
「本物の思考力」を育てる。

子どもたちが大好きなゲーム、パズル、論理問題などに挑戦することで、「自分で考えて解決する快感」を体験してもらいます。
この「快感」「達成感」を繰り返すことによって、考えることに夢中になり、.数理的な思考法(試行錯誤、発想、整理、組み立て、証明)が習慣化されて、算数・数学が大好きになります。

人生において確かな差がつく力を養う。

近年、大きな注目を浴びている「算数脳」。この能力が身についてるかないかで、人生において確かな差がつくと言われています。しかし、 算数脳を獲得するには年齢の壁があり、小学3年生までの知育習慣がカギとなることは、脳科学の研究成果からも裏づけられています。 「算数脳」は、「見える力」と「詰める力」の2つの能力に大別されます。「見える力」とは、例えば、平面図形の問題で手がかりとなる補助線が引けることや、図形の問題の設問を読みながら頭の中で立体的な考え方ができることです。また、情報を図や表に整理して法則を見つけるといったことも「見える力」であり、一般的に「ひらめき」や「センス」と呼ばれるものです。一方「詰める力」とは、出題者の尋ねていることをひと言でつかむ要約力、論理的に考える力、問題文を一字一句読み落とさない集中力、最後まで解こうとする強い意思を意味します。

礼儀正しいマナーと集中力が身につく。

アルゴクラブで学ぶ子どもたちは低学年でありながら、90分間、やる気に満ちあふれ、つねに集中して授業を受けることができています。授業で最も大切にしているのは「元気・マナー・集中」。中でも「マナー」にこだわるのがアルゴクラブならではの特長です。授業前に行うあいさつ指導。協力・姿勢・言葉づかいなど、コーチから与えられるポイントを得ることで子どもたちは驚くほどやる気を出し、互いに協力し教え合うことで答えを導き出していきます。また、多くのメニューをスピーディーに行うことで「集中力」を高めます。初めは難しい問題についていけない子どもたちも、あっという間に慣れ、速いスピードについてくるようになるのです。