ハイレベルクラス指導

ExcelM進

教務システム

学年の枠を超えた『予習カリキュラム』と、最高難易度の塾教材の採用により、「より先へ」「より難しい問題を」求める向上心にお応えします。

また、各単元の導入において教科書内容の学校ワークを使用する「学校ワーク併用システム」により、学校テストでも高いレベルを維持し、受験対策と学校での学習との両立を目指します。

Excelメソッド

○典型問題の徹底演習によって『論理展開』『スピーディな解答力』を体得させる。。

○発展問題の解法について、例題を活かしながら『自分で考える力』を育てる

 

ExcelM進の学力成長チャート

このチャートに沿った授業展開を行います。

 

学校ワーク併用システム

各単元の導入において、学校教科書に沿った学校ワークを使用するシステムです。

学校教科書に沿った内容で基礎・基本の習得を図ることで、教科書内容の定着を完成させ、学校の定期テスト対策や通知表対策を万全にします。

その単元の応用・発展問題演習においては、ハイレベル教材を使用し、応用力を高めます。

この併用システムにより、学校でのパフォーマンスを高いレベルで維持しながら、県外私立中・高受験等へも対応できる学力を高めることが可能になります。

「学校生活・学校成績・部活動を大切に」しながら、高い学力の確立を目指します。

 

予習型カリキュラム

学年の枠を超えた予習により、受験対策への早期展開と十分な演習量の確保が可能に。ExcelM進なら、全国偏差値60以上の学校にも十分に対応できる得点力・入試対応力が身につきます。

 

【カリキュラム進度の目安】

 

 

Excel M進の教務システム

定例テストの導入

全国標準の定例テストを2か月に1度実施し、「全国偏差値60以上」の継続を目指します。つねに目標を置くことで、モチベーション維持を図り、努力の継続を促します。

 

各種検定の計画的取得

3大検定(漢字検定・英語検定・数学検定)の受検は、学校テストや模試とは異なる試験形式への対応力が大切。ExcelM進なら、それら試験形式への経験を積むことができ、また検定級取得により自己の学力習得度を定期的に測ることができます。

年間の検定スケジュールに合わせて計画を立て、年間学習の一環として確実な合格を目指します。