Lepton

Leptonの指導方針

英語の4技能「読む」「書く」「話す」「聞く」をバランスよく学習し、「使える」英語を学びます。

★皆さんの身の回りに「自信を持って英語を使える」という人はどれくらいいますか。

英語と日本語は言語間の距離が離れており、英語を母国語とする人が日本語を習得するには3~4年かかると言われています。一方で、日本では小学、中学、高校で英語を学習します。かなりの時間数をかけて学習していますが自信をもって英語を使える方はみなさんの身のまわりにどれくらいいるでしょうか。

★なぜ日本人は英語が「使えない」か。

日本人が英語の習得ができない理由の一つに英語と日本語の言語的な性質の違いがあります。

日本語は「語彙」で意味を伝える言語。英語は「音」で意味を伝える言語であると言われています。現在の日本の英語の教育では「読む」「書く」に特化した授業が行われているため、英語の文章を一度日本語に変換をして、「意味で考える」習慣が身につきます。

しかし、英語を習得するためには言語を「音でとらえる」訓練が必要です。例えば、皆さんは子どものころ走っている車を見て「ぶーぶー」と言ったことはないでしょうか。このように幼児期や小学校低学年時期の子どもにとって、音声をまねしてくり返すという練習は英語を「音でとらえる」訓練には適しています。また、日本人が英語を使えない原因として、「ミスをすることを恐れる」ことにあります。

現在多くの学生が英語を勉強する目的=受験となっています。文法上正しい文章を書くことができなければ不正解となってしまいます。そのように失敗を恐れることが英語でのコミュニケーションのチャレンジを消極的にしています。英語の学習には失敗を恐れない時期に英語を学習することが必要です。

★今、英語教育の変革の時。→「使える」コミュニケーション英語能力重視へ。

大学入試におけるセンター試験廃止、小学校での英語教育の開始など、英語教育に関するニュースを目にすることが多くなりました。今までの「文法」重視型の教育から、実際の社会で使える「コミュニケーション能力」重視型の指導に切り替わろうとしています。

現在、入社時の英語能力をはかる基準として、TOEIC,TOEFLなどを導入する企業も増えてきています。また、社内公用語が英語である企業も増えてきています。

Leptonは従来型の「話す」「聞く」の英会話教室とは異なり、今現在、求められる英語の4技能をバランス良く学習します。変化しつつある英語教育や今、求められている英語の力も身につけるためにもっとも適している英語教室、それがLeptonです。