岩手県No.1の進学塾「M進」

人は限りない可能性を秘めている!合格実績岩手県No.1の進学塾M進

M進が選ばれる理由

<プロフィール>

氏名:佐々木 雄大くん

出身中学校:宮古市立河南中学校

出身高校:岩手県立盛岡第一高等学校

中学・高校時の部活動:陸上部

在籍大学学部:東京大学文科三類 3年

大学での様子・頑張っていること

大学に入ってから、僕は教育に興味を持ちました。そこで僕は「進学振り分け」という東大の特殊な制度を使って、教育学部に進むことにしました。

多くの大学では、入学時に学部(法学部・医学部・工学部などのように、専門的なことを学ぶところ)を決定しますが、東大の「進学振り分け」は、初めの1年半にさまざまな分野の授業を受けてから、2年生の夏に学部を決め、専門的な勉強を始める、というものです。この制度が目当てで東大を目指す人も多いそうです。

勉強以外の話をすると、大学のサークル(部活に似た集まり)に3つ入っており、それぞれに力を入れています。「地方からの東大合格者を増やすためのサークル」「東京近辺の散歩や国内旅行をするサークル」「バスケやドッジボールをゆるゆるまったりやるサークル」です。サークルでできた友達は多く、彼らのおかげで充実した生活を送っています。

 

将来取り組みたいこと

僕は将来、国家公務員試験に合格して文部科学省に入り、「教育の地域格差」を解消したいと考えています。高校生の大学進学率や、東大などの難関大学への合格率には、大都市と地方でかなりの差があり、東北地方、特に岩手県はどちらも全国最低レベルになってしまっています。これは個人の問題というより、「地方は大都市に比べて学習のための環境が整っていない」というのが原因なのではないでしょうか(塾や予備校が少ない、周りに大学が少なくて「大学のイメージ」が持てない、など)。僕は地方の出身者として、地方の子どもの学習環境を大都市と同じくらい充実させるための制度を作ろう、と思っています。

皆さんの中からも、「将来は地方の出身者として、地方をよりよくする仕事がしたい」という人が出てくれれば嬉しいです。

 

今大変だと感じること

僕は東京に出てきてから一人暮らしをしています。一人暮らしをしていると、家事を自分でやらなければならない、朝寝坊しても起こしてもらえない、体調を崩しても看病してもらえない…など、いろいろな苦労があります。それでときどき「実家にいた頃はよかったなあ…」としみじみと思ったりします。

とはいえ、一人暮らしは楽しいです。お金を自分でやりくりできるし、生活リズムを自分の好きなようにできるし、夜遅くに帰ってきても怒られず、好きな時に友達の家に泊まったりもできます。東京での一人暮らしにはずっと憧れていたので、念願が叶ってよかったと思っています。

 

高校受験で頑張ったこと・工夫したこと

僕は国語と数学が苦手でした。そこで3年の夏頃から、当時通っていた塾の先生に勧められて、問題集を使ってさまざまな問題にチャレンジしたり、入試の過去問をたくさん解いたりしました。練習量を増やすことで解き方のコツをつかめるようにしよう、というのが目的です。特に、国語は日本全国の高校入試の過去問を解きまくって、全部で70回分くらいやったと思います。これのおかげで自信がつきました。

また、社会や理科は、学校で習ったことをノートにまとめ、その後で問題集を解く、という方法で知識をしっかり定着させました。「習ってすぐ→テスト前→数か月後」といった感じで、繰り返し復習すると忘れにくくなるのでおすすめです。

それから、単語や文法、公式などはめちゃくちゃ重要です。もし不安だなと思うところがあるなら、手遅れになる前に、今すぐその分野を復習しましょう!

 

大学受験で頑張ったこと・工夫したこと

ハイレベルな国公立大学では、入試で50字や100字、多い場合には500字以上もの記述問題を出すことが多く、慣れていないとかなりきついと思います(まあ慣れてもきついのですが…)。そこで僕は、学校の添削課題や河合塾マナビスの授業を通して、「論理的に記述する力」を身につける努力を続けました。その成果か、東大入試では国語・地理・世界史などで、それまでの模試よりもいい点を取ることができました。

また、僕は3年生の6月まで週6日も部活があり、勉強時間は限られていましたが、「最低限やるべきことを毎日欠かさずする」という意識を持ち、課題や小テストのための復習などはできるだけ欠かさずやっていました。3年生の時には、部活引退前から週2、3回マナビスに通い、勉強と部活の両立に励みました。おかげで、基礎的な学力の蓄積ができ、部活引退後すぐに応用的な問題にチャレンジできる状態になれたのではないかと思います。

マナビスの教室ではたくさんの友人やライバル、そして頼りになる先生方と出会いました。そのことが受験のつらさを和らげ、やる気を出させてくれました。受験期にマナビスに通っていてよかったと思っています。

 

中学・高校の学校生活の思い出

 中学校では、1年生の時から周りの友人たちよりも授業の復習や課題をちゃんとやっていたので、テストの成績はよかったです。ただそれ以外に関しては、中学時代の僕は今思うと「イケてない学校生活」を送っていたと思います…(別に勉強ばかりやっていたというわけではないです)。部活の成績もパッとしませんでした。宮古から文武両道の校風で知られる盛岡一高を学区外受験することになり、新たな地で充実した高校生活を送ることを夢見て、受験勉強を乗り越えました。

 高校では中学までの知り合いがほとんどおらず、初めは不安でしたが、クラスや部活でたくさんの親友ができました。彼らとは今でも時々会っています。

高1の夏に学年で成績上位になり、先生から東大を勧められました。それまで「まさか自分が東大に入れるわけがないだろう…」と思っていた僕にとって、これはとても嬉しい出来事でした。こうして僕は東大を目指して勉強に力を入れていきました。

また、高校では部活も今まで以上に頑張ろうと思い、中学で結果を残せなかった陸上に再チャレンジしました。日々のきつい練習やチームメイトとの実力の差に心を折られそうにもなりましたが、最後の大会では県6位に入賞し、あこがれの東北大会に出場することができました。この経験は一生誇りにしたいと思っています。

 

高校受験と大学受験の取り組み方の違い

 岩手の高校の受験問題は、教科書に書いてある内容が中心で、基礎の積み重ねを繰り返すだけでもかなり点数が伸びるのではないかと思います。ただし、応用問題や記述問題も解けるようにしないと高得点は狙えないので、基礎が身についてきたら教科書以外の問題も解くようにしておくとよいでしょう。

 また、もう一つ、公立高校の受験問題は県内どこでも一緒なので。公立高校なら志望校に特化した対策をしなくて済み、志望校を変えやすいという特徴もあります。

 それに対し、大学受験では各大学で受験のしかた、問題の内容がかなり異なるので、早めに志望校を決定して対策していく必要があります。そのための情報収集も受験で大事なことの一つです。さらに、大学受験ではただ知識を書き出すだけではなく、さまざまな知識を組み合わせて論理的に答えを導き出す能力が求められます。よって、高校受験対策以上に、教科書以外の応用問題を解く訓練が必要になってきます。

 こうした点を踏まえると、大学受験では、学校の授業以外での対策が結構重要なのではないか、と僕は思います。

 

後輩へのメッセージ

 これから受験本番を迎える皆さんに、4つのメッセージがあります。

 1つ目は、「常に上を目指そう」です。よりハイレベルな学校に入れば、将来の進路を選ぶとき、より多くの選択肢をもつことができます。将来自分の望むような生き方を実現するためには、少しきつくても今のうちから上を目指して努力しておいた方が、後悔せずに済むと思います。

 2つ目は、「目標を意識しよう」です。ある大きな目標の達成に向けて、小さめの目標を定め、それらを少しずつクリアしていく、というやり方だと、物事は成功しやすくなります。

 3つ目は、「周りの人とのコミュニケーションを大事にしよう」です。家族、友人、学校や塾の先生などと親しくして、日頃から思っていることを素直に言い合える関係になっておくと、受験期のストレスを発散でき、受験に対するやる気も湧いてきます。

 4つ目は、「ライバルと競い合おう」です。自分と同じくらい、あるいは少し上くらいの実力がある人をライバルにして競い合うようにすると、闘争心に火がつき、「負けてたまるか!」という気持ちになります。その結果、一人の場合よりも「頑張ろう」という気持ちになれます。

 以上のアドバイスをもとに、受験まで残り僅かとなった時間を後悔なく過ごしていきましょう!