岩手県No.1の進学塾「M進」

小学生の方へ

◎岩手県立一関第一高等学校附属中学校

【平成27年度入試 概要】

出願資格

  • (1) 平成27 年3 月に小学校を卒業する見込みの児童。
  • (2) 保護者とともに岩手県内に住所を有し、入学後も引き続き岩手県内の保護者の住所地から通学することが確実な者
  • (3) (2)の条件を満たさない場合であっても、次の条件のいずれかを満たす場合は資格があるものとみなす。
    • ア 出願時には保護者とともに岩手県内に住所を有するが、特別な家庭の事情により、入学後は岩手県内に住所を有する三親等以内の成人の親族(以下「親族等」という。)の住所地から通学することが確実な者(例えば、保護者の遠方勤務や長期出張に伴って、親族等に児童の保護を託す場合等)
    • イ 県外からの出願の場合(県外に住所を有する場合)
      • ① 保護者の転勤や新居建築等に伴う一家転住の事情により、入学までに保護者とともに岩手県内に住所を移動し、入学後も引き続きその住所地から通学することが確実な者
      • ② 特別な家庭の事情により、入学までに岩手県内に住所を有する親族等の住所地に移動し、入学後も引き続きその住所地から通学することが確実な者(例えば、保護者の遠方勤務や長期出張に伴って、親族等に児童の保護を託す場合等)
    • ウ 海外からの出願の場合(海外に住所を有する場合)
      • ① 海外に在住中で日本人学校を卒業見込みの者が出願をする場合は、「1 出願資格」(3)イに準ずるものとする。
      • ② 外国の小学校を卒業見込みの者又は卒業した者で、平成14年4月2日から平成15年4月1日の間に生まれた者が出願をする場合は、「1 出願資格」(3)ウ①に準ずるものとする。

募集人員

男子40名 女子40名

入学者選抜検査

期日:平成26 年1 月17 日(土)

内容:

①適性検査

思考力・判断力・表現力など、小学校の教育課程に基づく学習によって身に付けた総合的な力をみる。

検査時間 50分間、配点 200点

②作文

資料や課題を分析して、自分の考えや意見をまとめ、筋道を立てて的確に文章で表現する力などをみる。

検査時間 45分間、配点60点

③面接

自分の考えや意志・希望等をわかりやすく伝えようとする表現力をみるとともに、6年間の中高一貫教育で学ぶ意欲・適性などをみる。

方法 5人程度の集団面接 20分間程度

合格通知

①平成27 年1 月23日(金)までに、附属中学校校長より、 志願者全員に対して「入学者選抜結果通知書」を、志願者が在籍する小学校長に対して「入学者選抜結果等一覧表」を、それぞれ郵便により送付する。

②入学予定候補者については、その受検番号のみを岩手県教育委員会ホームページ上に掲載する。掲載する期間は、平成27年1月24日(土)9時から同月28日(水)17時までとする。なお、入学予定候補者の掲示による発表はしない。

・選抜結果及び受検者の総合得点についての電話や口頭による問い合わせには対応しない。 

・入学者選抜等にかかる不正の事実が判明したときは、入学予定(候補)者である資格を取り消すこととする。

・入学予定者の人数が募集定員に満たなかった場合欠員の補充を行う。なお、欠員補充の期間は、原則として、平成27年1月28日(水)午後4時から午後6時までとする。

  対策講座・テスト・イベント 内容
3月

春期特訓講座
東大キャンパスツアー

前学年までの復習
4月

岩大附中受験対策クラススタート GOGO附中入試テストゼミ

附中入試傾向に沿ったテストで状況確認
5月  
6月 第1回一関一附中適性検査対策模試 適性検査で必要とされる力を測定
7月

第1回附属中学校合格判定テス
夏期特訓講座

附中入試傾向に沿ったテストで状況確認
出題率の高い重要単元を集中学習、弱点内容を徹底的に学習

8月 トップリーダー合宿  
9月

附中対策日曜特訓スタート
第1回附中受験勉強合宿
第2回一関一附中適性検査対策模試

過去問・類似問題を中心とした講座
合宿では差のつく分野を学習

10月

第2回岩大附中合格判定テスト
第3回一関一附中適性検査対策模試

 
11月  第2回附中受験勉強合宿 第4回一関一附中適性検査対策模試  
12月  冬期特訓講座 第3回岩大附中合格判定テスト  総仕上げ
 1月  超克特訓
入試直前対策講座
記述回答作成特訓で差をつける
オリジナル予想問題で最終調整(時間配分などの確認)
 2月 中学進学準備講座   中学進学後に向けスタートダッシュ

定期的に『M進オープン模試』『全国学力診断テスト』、毎月『漢字・計算コンクール』も実施